40代50代なのに夏に鼻まわりやあごが“べたつく”時の対策とは

【決定版】30代40代向け目の下たるみ・しわ解消アイクリーム・美容液ランキング<最新>

夏の肌は肌の皮脂分泌量が増加し、汗もかきます。

そのため、顔の中でも鼻まわりやあごが、べたつくどころかテッカテカになってしまうことありませんか?

私も、少し前まではそうでしたね。

乾燥肌なのに、鼻のまわりとあごだけが、なぜかべたべた。

こまめにティッシュで拭くんですが、拭いても拭いても気づけばテカっているという。

いい年して鼻周りがテカっているとか、ほんともう、恥ずかしい・・・。

40代、50代なんて脂分が少なく、乾燥しているはずなのに、なぜなのでしょうか?

そして、その対策はどうすれば良いのでしょうか。

「とにかく洗顔できれいに皮脂を洗い流すこと?」
「スキンケアで保湿を控えめにすること?」

いえいえ!実は、それは絶対にやってはいけないことだったんです。

 

40代、50代なのに夏に肌がべたつき、テカる原因とは

夏と言えば「紫外線」のダメージ、そしてエアコンによる「乾燥」。

これらが一番肌にトラブルを起こさせる原因なのは、みなさんもご存じだと思います。

「紫外線」対策に⇒日焼け止めをしっかり塗る
「乾燥」対策に⇒化粧水スプレーなどでこまめに保湿をする

もちろん、この2点はものすごく大切です!

でも、きちんとこれらの対策をしていても、なかなか改善されないんですよね。

紫外線、冷蔵による乾燥のほか、長時間のメイクやほこりのせいで、肌はかなり最悪な環境にさらされています。

そのために、べたつきテカリだけでなく、吹き出物(ニキビ)もできてしまったり、肌トラブルが起こってしまうんですね。

上記の対策はもちろんのことですが、さらなるケアが大切なのです。

 

肌のべたつきやテカりを抑えたいなら、むしろ夏でもしっかり「保湿」を

鼻まわりと、あごのべたつき、テカリを改善したいなら、とにかく「保湿」をしっかりすればいいんです。

こんなにべたついているのにもかかわらず、重要なのは「肌の潤い」なんですよ。

肌に潤いが足りていないからこそ、肌の水分と油分のバランスが崩れ、「余分な皮脂が分泌」されてしまっているというわけです。

また、保湿といっても丁寧なスキンケアがあってこその潤いということも大切です。

夏のスキンケアで注意する点をまとめてみました。

1)洗顔で汚れを落とす

まずは洗顔で肌を清潔にすることが大切です。

落としたいのは次のもので、潤いまでうばってしまってはNGです。

・汚れ(メイク)
・ほこり
・汗
・余分な皮脂

洗った後につっぱり感がないような、保湿ケアもできるクレンジングや洗顔料を使うほうが良いと思います。

また、絶対にやってはいけないことは

・顔で泡立ててゴシゴシ洗う
・タオルでゴシゴシ拭く

このあたりは、アンチエイジングに気をつけている方なら、基本的なスキンケアとして意識されていますね。

「夏は暑いし、さっぱりしたい!」

という気持ちもわかりますが、洗顔後もややしっとりを感じるくらいが、40代、50代の肌には最適だということなんです。

2)とにかく保湿スキンケアを

洗顔で肌を清潔にしたら、たっぷりと保湿をします。

化粧水をたっぷりつけた後、保湿クリームしっかりと蓋をします。

また、美容液でのスペシャルケアや、目元にはアイクリームで保湿することもかなり効果的です、

なお、洗顔後のスキンケアは、夏だからと言ってさっぱり系の化粧品を使う必要はありません。

いつもの保湿ケアを続けることが大切なんです。

ただ、最後の保湿クリームは冬のスキンケアと同じくらい、たっぷり付けてしまうととさすがに多いと思いますので、「今」の自分の肌に「ちょうど良い量」でクリームをつけるようにしてくださいね。

3)日中の細やかなケアが実を結ぶ

日中、汗をかいて余分な皮脂が浮き出てきたら、その都度ケアをします。

汗をかいたらすぐに、ハンカチで抑えるようにして、汗をハンカチに移してください。

また、余分な皮脂が浮き出てきたら、ティッシュを抑えるようにして、脂分をティッシュに移します。

ポイントは、「拭く」のではなく、「布(紙)に移す」です。

軽く抑えるだけで、汗や余分な皮脂は「布(紙)」に移ってくれますので、肌に摩擦を与えないようにすることを心がけてみてください。

 

夏のスキンケアには、美白化粧水や美容液を使うべき?

紫外線によりメラニンが生成されてしまう夏のスキンケアには、美白美白化粧水や美容液を使うべきなのでしょうか?

もちろん、美白スキンケアをするべきだと思います。

ホワイトニングや美白のスキンケアアイテムは、メラニンの生成を抑えてくれたり、できてしまったシミを薄くしてくれたりします。

特にビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液は効果的だと言われていますね。

しかし、シミを薄くしてくれる、といっても、肌の奥まで沈着してしまったシミは、肌表面でのケアではなかなか改善されないそうです。

肌のターンオーバーを促し、生まれ変わらせることが大切なんです。

40代、50代など年齢を重ねてくすんでしまった場合には、肌のバリア機能を強化して、ターンオーバーを正常にすることが、何よりも重要だと言えます。

その上で、これ以上紫外線を肌に浴びさせないように、日焼け止め対策をし、ホワイトニングで日々のケアをするのが、年齢を重ねた肌には最も効果的な方法なんですよ。

だからこそ、肌のバリア機能を強化して、ターンオーバーを正常にする美容液や化粧水を、まず使ってみてください。

 

「べたつき」「テカリ」を解消したいなら、基礎となる肌を整えることに重点をおくべし

ただ、肌の角質層まで「美肌成分」を浸透させてくれる美容液や化粧水というのは、それ相応の「技術」が必要ということ、ご存じでしょうか?

そういった、美白やアンチエイジングに特化した化粧品は、やはり専門家であるエステで使われているものや、医師監修コスメが優秀でることは間違いないです。

実際に、私が使っている「リポコラージュ」という美容液は、生コラーゲンを角質層に届けて、バリア機能を高めてくれるという優れもので、市販の化粧品とは違うその確かな効果を実感しています。

この「リポコラージュ」という美容液を使うことで、を肌のバリア機能が強くなり、ターンオーバーを正常になったおかげで、肌のキメが細かくなり、肌色が一段明るくなったんですよね。

しかも、それだけではなかったんです。

肌のバリア機能が強くなると、肌の水分と油分のバランスが自然に良くなり、「べたつき」「テカリ」が気にならなくなりました。

要は、夏の季節に、鼻のまわりやあごのテカリを解消したいのであれば、遠回りのようにも思えますが、まずは基礎となる肌を整えることなんです。

いろいろな対策をするよりも、よほど手っ取り早いと思います。

毎年、夏の「べたつき」「テカリ」に悩んでいるなら、一度、そういった美容液を試してみることをオススメします。

私が使用しているのは「角質層に入る生コラーゲン美容液リポコラージュ」という美容液です。

「リポコラージュ美容液」の体験レビューもありますので参考にしてみてくださいね^^

すごい!シワ消滅…!?『リポコラージュ ラメラエッセンス』を実際に使ってみました

(※目の下に使ったレビューですが、今はずっと顔全体に使用していてすごくいいです!)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。