読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目の下のたるみ改善で見た目年齢を5歳若返らせる『おすすめ情報』局

30代・40代の大きな悩み、目の下のたるみ・しわを改善するための、アイクリームや美容方法のあらゆる情報をまとめています!あなたの悩みの解決の第一歩に。

【見た目年齢】=目元で決まる!アイクリームは使わないと損してる!?

f:id:WebYuzuriha:20170125152022j:plain

顔の中で最も見られている「目元」。ずばり、目元=見た目年齢です。

顔の中で最も見られている部分が「目」であることは、みなさんもご存じですよね。
「目」ということは、必然的に目の周りもじっくり見られています。

第一印象の多くを占める「目元」で、年齢を判断することも多いです。

目元で年齢がばれる、それならいいですが、
もし、年齢以上の年と思われたら・・・。

言い換えると、目元の年齢が若ければ、
実際の年齢よりも若くみられるわけです♪
その「見た目年齢」を若くするコスメがアイクリームなんです。

アイクリームを使う、使わない、で、
見た目年齢の差が、はっきりでてきます。
効果の高いアイクリームはどのようなものか、
アイクリームはどうやって使えばいいのか、
しっかりと調べてみましょう。

鏡を見てドキッ!としたら、、アイクリームのはじめ時!

忙しく仕事をしている女性は、鏡を見る機会は少ないですよね。
忙しくなればなるほど、鏡を見てる時間が惜しい・・・!
そんな日々です。

f:id:WebYuzuriha:20170125152025j:plain

そして、帰宅後、ふと鏡を見てみたら、
「え!?誰・・・?」
それは紛れもなく自分でした・・・(キャー!)

アドバイザーさんも。

アイクリームの効果って実はスゴい!目元のしわたるみの特効薬

ネットでちょっと調べただけでも、目元のしわには「アイクリーム」が一番だ!
ということばかりでした。
・・・そ、そんなになの?

目元はしわ、たるみ、クマと様々な悩みがありますが、
実は相乗効果で悪化してるそうなんですよ。

アイクリームはこれらの悩みを全て解決してくれるコスメなんですね。
「アイ(目)」という名前がついている通り、
目元専用の美容液なんです。

目元は顔の皮膚の中でも、特にデリケートな部分です。
目元には「目元専用のクリーム」を使うのは、当然のことですね!

フローフシ THE アイクリーム

正しいアイクリームの塗り方とは?

アイクリームの塗る順番に迷った事はないですか?
(私はありますよ!笑)
丁寧なコスメ・ブランドでは、きちんと塗る順番も教えてくれます。
そういった情報を参考にして、きちんと使いましょう♪

一般的には、
化粧水

アイクリーム

乳液(目元以外)

保湿クリーム(目元以外)

ですね。

アイクリームは、即座に効果を浸透してもらいたいもの。
他のクリームやオイルを挟んでしまうと、
効果が薄くなるそうです。

使う量は「たっぷり」と。
ちょっと多いかな・・・?という量が良いそうです。
目の周りはそれほど面積もないですし、たっぷり使いましょう♪

アイクリームを塗る時は、指のお腹を使って、
らせんを描くように優しく滑らせましょう。
適度な力を入れて、目頭からこめかみに抜かって流すようにすると、
リンパが刺激されてさらに効果的。

しわが特に気になるなら、重ね塗りをしましょう。

アイクリームは種類がたくさん!アイクリームの選び方はどうするの?

何度も言うようですが、目元は本当にデリケートです!
無添加やアレルギーテスト済みなど、安全性を配慮したアイクリームがおすすめです。

f:id:WebYuzuriha:20170125152024j:plain

プラスして、
「潤い成分」、例えばコラーゲン、ヒアルロン酸セラミドなどが
配合されているアイクリームが良いですね。

角層に潤い成分を補い、表面にも保湿成分をのせてから、最後に油分でフタをする。
一連の流れを全部やってくれることが商品選びのポイントです。
しっかりと商品の成分も確かめましょう♪

まとめ

アイクリームは値段が高い方が効果が高い!
という意見もよく聞きます。

確かに一理あると思います。
というのも、肌に良い成分、潤いの成分って、
結構高価なんですよね・・・。
配合成分の単価が高ければ、商品の価格も高くなる。
そういうことなんですね。

でも、「自分の肌に合うか」は少し別です。

いくら高価な成分が入っていても、
肌に合わなければ使う意味がないです。
(他の成分が原因の場合もありますね)

やはりアイクリームは、いろいろ試してみて、
自分の皮膚、目元にあったものを選ぶのが一番いいと思います。

その時々、年齢や体の状態の違いでも、
合う化粧品、合わない化粧品は変わってきます!

これだ!というアイクリームに出会えるといいですね♪