目の下のたるみ改善で見た目年齢を5歳若返らせる『おすすめ情報』局

30代・40代の大きな悩み、目の下のたるみ・しわを改善するための、アイクリームや美容方法のあらゆる情報をまとめています!あなたの悩みの解決の第一歩に。

2017年花粉前線!目のかゆみ・目の下のシワたるみ防止の対策を徹底研究

f:id:WebYuzuriha:20170126163751j:plain

花粉のピークは2月上旬から4月中旬にかけて。しかし、1月末ごろからくしゃみが、目が気になる、という人もちらほらいらっしゃいます。

目のあたりが熱く感じて、視界もぼやっとするんですよね。で、鏡を見てみたら、なんか目が腫れてる・・・?あ、来たな、花粉の季節が。

花粉のやっかいなところは、目がかゆいくてイライラするだけでなく、目の下の肌が摩擦でダメージを受け、シワやたるみが増えてしまうんですよね。そのために、目の下がしわしわカサカサで老けて見えてしまうという…。

40代のアンチエイジング世代の私も、本格的に目の痒み対策を行わなければ!ということで、目のかゆみを重点においた花粉症対策を徹底研究しましたので、ご紹介させて頂きますね。


花粉症による目のかゆみの原因は「アレルギー」

みなさんはもう、ご存知かと思いますが、花粉症は、体が「花粉」を敵を思いこみ、免疫が過剰にはたらく、そんな体質の人がかかる症状ですね。繊細な目は、アレルギーによる目の様々な症状を起こします。

f:id:WebYuzuriha:20170126200310j:plain

・目のかゆみ
・目の充血
・目やにが出る
・目の痛み・異物感
・涙
・灼熱感
・まぶたの腫れ

私の場合は、目のかゆみと充血、そして『灼熱感』がすごくあります。

目の付近が、熱くなるんですよね。そのため、痒くなる。無意識に目をこすってしまい、さらに熱くなる。こうなってくると、延々と悪循環です。


花粉症対策の基本は「初期療法」

花粉が飛び始める2週間ほど前に、前もって対策をしておこう、というわけです。

花粉症を本気で治したいなら病院に行って診断を受け、お薬を処方してもうのが一番ですね。

花粉症は主に、耳鼻咽喉科がメインです。総合的な受診はアレルギー科、耳鼻咽喉科に、より目が重症な場合は、眼科も受診する人が多いようです。

ちなみに、私の友達に、ひどい花粉症の子がいますが、毎年必ず1月に、耳鼻咽喉科のある病院を受診するんです。そして、処方されたお薬飲み始めと、ピーク時にかなり楽になるといっていました!


いよいよ花粉症のシーズン到来。毎日の習慣はコレだ!

f:id:WebYuzuriha:20170126163848j:plain

こんな日は花粉が多いそうです。

・カラッと晴れた気温の高い日
・風の強い日(都市部)
・雨の降った翌日でよく晴れた日
(前日分と合わせて2日分が開花し、大量の花粉が飛ぶため)

外出する際の対策は

・晴れていて風のある昼間は外出をしない!
・花粉対策メガネをかける!
・花粉を家の中に入れない!
・帰宅後すぐ「洗顔・うがい・シャワー」の3セット!

2月~3月の晴れた日なんて、絶好のお出かけ日和ですよね~。そんな日に出かけられないなんて・・・。

しかし、子供を持つママなら、お出かけしないわけがない。子供が大ぐずりですよ(笑)やっぱり、事前に対策は必須なんですよ。


外出時は「花粉対策メガネ」を着用して目と目の周りの皮膚を保護する

f:id:WebYuzuriha:20170428113422j:plain

基本中の基本ですよ。特に目のトラブルがひどい方は必須ですね。

また、コンタクト着用だと、更に目のトラブルが起きやすいそうです。この時期だけ、メガネにするのがおすすめですね。

花粉対策用のメガネと言ったら、ゴーグルのような大層なモノを想像してしまいますが、最近はオシャレなものもたくさんありますね♪


市販の花粉アレルギー対策の目薬を選ぶときのポイント

いろいろやってもやっぱり目が痒いものはかゆい!即効性のある対策なら、「目薬」に頼るのが一番ですよね。

目のかゆみなどの症状を早く抑えたい方に最適な目薬は、抗ヒスタミンの作用がある目薬が良いそうです。

ヒスタミン
抗アレルギー
抗炎症

これらの作用が明記された目薬を選びましょう。

☆花粉症対策おすすめグッズを集めた記事はこちら
↓↓↓
【花粉症対策】目のかゆみ・目の下のしわ防止に花粉症対策おすすめグッズ16選


外から帰ってから自宅でできる花粉症対策、目の下まぶたケアはこれだ!

目を洗う

かえってすぐ花粉を落とすために、クレンジングは真っ先に行ってください。目の下やまぶたの老化対策にも効果的ですので、おすすめです。

その時に、専用の点眼液で目を洗っちゃいましょう。人工涙液点眼というものがあります。水道水で洗うのではなく、↓こういったものを使用して洗います。

アロマオイルを使う

f:id:WebYuzuriha:20170428114251j:plain

アロマの中でも、カモミール・エッセンシャル・オイルは目のかゆみを抑える効果があるそうです。濡れたハンカチやタオルに1滴たらし、まぶたに軽く当てて、香りを楽しみましょう。

冷やしたタオルを使う

f:id:WebYuzuriha:20170428114257j:plain

やはり目のゆみを抑えるには、冷やすのが一番

単に、濡らしたタオルを冷やし、目に当てるだけ。目が熱くなるタイプの人にはおすすめですね。私も、目が痒くてイライラするときは、こうして抑えていますね。

目の下やまぶたの皮膚をアイクリームでしっかり保湿する

花粉の刺激で、目だけでなく目元もお疲れです。しっかりとアイクリームで保湿しましょう。目の周りを保湿することで、かゆみを抑える効果もありますね。

ただし、マッサージなどして血行促進させると、かゆみがぶり返す恐れもありますので、花粉の時期だけは、そっと優しく保湿だけしてあげましょう。


2017年花粉前線!目のかゆみ・目の下のシワたるみ防止の対策まとめ

暖冬の年は、花粉の飛散が早まる傾向にあるそうです。

2016年~2017年は暖冬ということはありませんでしたので、通年通り、2月~4月がピークということになりそうですね。

花粉による目の対策、しっかりしていきたいですね!

このほかの花粉症の対策として、生活習慣に気を付けるというのもポイントだそうです。

・バランスのとれた食事
・十分な睡眠をとる

目の下のしわたるみ対策、目元の老化防止でも、まったく同じことが言えますね。あらゆる対策は規則正しい生活から。これに尽きるのかも知れませんね。

みなさんも、規則正しい生活を意識して、花粉症に負けない目元を手に入れましょう♪

☆あわせて花粉症対策おすすめグッズを集めた記事もどうぞ!
↓↓↓
【花粉症対策】目のかゆみ・目の下のしわ防止に花粉症対策おすすめグッズ16選

目の下のたるみやシワ改善ブログをお読みくださり、本当にありがとうございました^^
あたなたの目元の若返りに、少しでも貢献できればうれしいです♪